海外渡航支援制度のご案内《上智大学海外渡航支援制度》

海外派遣/留学予定の学生の皆さん

海外でトラブルや危険な状況に遭遇した場合、言語や文化の違いから、その解決の多くは日本国内での解決とは異なることが多々あります。
そうした万が一の事故やトラブル発生に備えて、上智大学では、大学が関知するプログラムで海外派遣・留学をする学生に対して、上智大学海外渡航支援制度《大学指定海外保険(SOPHIA海外留学保険)と危機管理サービス(OSSMA)》を設けて、全員の加入を義務付けています。

この制度については、「上智大学グローバル教育センター」と学内で皆さんの学生生活を応援する「ソフィアキャンパスサポート」が連携をして、お問い合わせやお申し込みを受け付けています。

上智大学海外渡航支援制度

留学保険と危機管理サービスをセットにした制度で、皆さんの海外渡航・留学生活を支援します。

SOPHIA海外留学保険

年間のべ1500名以上が渡航する上智大学ならではのスケールメリットを生かした割引率が採用されています。個人手配の海外旅行保険よりも割安な保険料での加入が可能です。

危機管理サービス(OSSMA:Overseas Students Safety Management Assistance)

学生の皆さんの海外での活動をサポートする支援サービスです。渡航期間中、24時間365日、いつでもどんな困りごとでも日本語(もしくは英語)で相談ができます。(滞在国で直通専用ヘルプラインに相談が可能)

加入対象者《大学が関知するすべての海外渡航プログラムに参加する学生 》

① 交換留学、海外短期プログラム、インターンシップ科目
② グローバル教育センターや学部・学科などが主催するプログラム(以下*1参照)
③ 一般留学、休学留学(以下*2参照)
④ 研究発表(学会)、ゼミ合宿等による海外渡航、特別研究員(DC1/DC2)

【留意事項】
*1 「学部・学科等が主催するプログラム」の例:ドイツ語学科「在外履修」、総合グローバル学部「自主研究」、学生センター主催 海外プログラム、キャリアセンター「インターンシップ」等
*2 一般留学や休学による留学等、自己手配での留学の場合も、大学に届出を提出して海外で学ぶ場合は加入が必要です。
*個人的な旅行は対象となりません。 加入対象かどうか不明な場合は、出発予定の1ヶ月前までにグローバル教育センター(2号館1階)に相談してください。

手続きの流れ

渡航についての大学への届けを提出する。休学届、留学届、派遣届 など
① 渡航先・渡航時期の確定し、航空チケット・ビザの取得(以下*1参照)をおこないます。
② 渡航支援制度の申込みをおこないます。
申込期限: 少なくとも渡航前3週間までに。
      お問い合わせフォームにてソフィアキャンパスサポートへ申込資料請求をしてください。
      出発までに3週間ない場合はソフィアキャンパスサポートに直接お問い合わせください。
      (*1)ビザの申請の前に保険加入が必要な場合があります。
          申込み時期については計画的に余裕を持つよう注意してください。
③ 申込資料を入手・確認後、速やかに指定された方法で申請をします。
④ 手続き完了後、被保険者証、請求書が指定された住所に郵送で届きます。(一部学内受け取りも可能:申込時に要相談)
⑤ 請求書に従い、出発前までに指定口座への振込を完了させてください。
⑥ 危機管理サービス(OSSMA)の利用のために、出発までにOSSMAロケーターへ渡航情報を登録し、アプリのダウンロードを済ませておいてください。

※短期プログラムに参加する方は、手続きの方法が上記と異なります。グローバル教育センターからの指示に従ってください。

この制度についてのお問い合わせ

定期相談セッションを行っています。
 月2回:第二水曜日、第四木曜日(仮) 12:30-13:30
 誰でも参加ができるZOOM セッションです。
 制度について、申込方法についてなど、直接ご相談を受け付けます。
 参加方法については、下記お問い合わせフォームでお尋ねください。

資料請求・ご相談など (相談セッションへの参加希望など)

◆お問い合わせフォームはこちらから (お問い合わせテーマ:保険についてを選択)

よくあるご質問

◆よくあるご質問に対するFAQはこちらから確認できます。


《上智大学海外渡航支援制度のお問い合わせ先》

株式会社ソフィアキャンパスサポート(SCS) (担当:久保・藤井)
TEL: 03-3238-4259  E-mail:scs-tokou-co@sophia.ac.jp
営業時間: 9:00-17:00 (平日のみ)

この記事をシェアする